TOPICS

汗革命 第6弾「静岡市」The Sweat Revolution Part 6 – “SHIZUOKA“ DAY2

〜しらす漁 清水漁業協同組合〜

 

二日目は「しらす漁」

2nd day shirasu fishing

 

まず最初に、清水漁業協同組合用宗支所の小林さんから

しらすの釣り方やしらすの種類など主にしらすについて話を聞きました。

We started by hearing how about how shirasu is fished, and about the different types of shirasu from Kobayashi who works at the Fishing Industry Cooperative.

 

 

しらすは、カタクチイワシ、マイワシ、ウルメイワシなどのイワシ類

“幼魚”の俗称であることが分かりました。

Apparently, all of Katakuchi sardines, Mai sardines, Urumei sardines, and more are all commonly called “Yougyo,” or “young fish.”

 

そして、この時にしらすがイワシの赤ちゃんだと聞きとても驚きました。

生まれてから1〜2ヶ月の間で釣られています。

生まれて間もない時は体が透明であることから、しらすと呼ばれているそうです。

They are fished just 1-2 months after they are born. We learned that they are called shirasu because they are nearly completely transparent right when they are born.

 

しらすの漁獲としては、まず1隻又は2隻の船で

海中に流した網を30分から40分間曳き、海の中層を泳いでいる魚を獲ると知りました。

We also learned that shirasu are fished with either 1 or 2 boats, each helping to pull a net thrown in the water for 30-40 minutes at a time.

 

ASE BOUNDのみんなも船に乗せていただきました。

船はすごく早くてとても揺れましたが、全然船酔いはしなかったです。

We were lucky enough to get to ride on one of the boats! The boat was really fast and rocked quite a bit, yet no one got seasick.

 

この日は、とても天気が良くて景色が綺麗でした。

The weather was great and the view was just as amazing!

 

私たちは運搬の船の方に乗りました。

運搬の船なので、ずっと止まって待っているだけだと思いましたが、ずっと漁獲の船の周りを回っていました。

We rode in one of the transport boats. Because of that, we thought we might not be moving very much at all; to our surprise, we kept going round and round for quite a while!

 

 

多分魚たちを網の方に追い込むために回っていたんじゃないかと思いました。

この時期はあまり多い量のしらすは取れなかったのですが、

しっかり網引きの時にしらすが見れたのでとても良かったです。

We thought that maybe the going around was to try and trap shirasu in the nets.

his season there aren’t many shirasu, yet we were happy to see how there were still a lot caught in the net!

 

網引きをしてから、すぐ陸でしらすの競り(せり)が行われていました。

普段、一般の人じゃ体験できないことをさせて頂き

もっと漁業の大切さを知ってもらいたいと思いました。

Arrived back on shore, the shirasu auction was already underway. Because this was an experience that can’t often be had under normal circumstances, and that we were able to see firsthand how how these fishermen work, we would like everyone to know how important they are and appreciate them more.

 

そして毎年、用宗漁港で祭りが行われていると知ったので

またASE BOUNDで行きたいと思いました。

We also learned that there is an annual festival held in the area, and we definitely want to come back and visit for that!

 

〜マグロ-70度の世界〜

 

 

しらす漁の後は、『魚市場食堂(うおいちばしょくどう)』へ

「ストップ!」と言うまでマグロを入れてくれる有名なマグロ丼を食べました。

After experiencing shirasu,we went near the fish market to a famous tuna restaurant where they pile on the tuna until you say stop.

 

 

こんなにマグロを食べたのは初めての体験で、美味しくて幸せでした。

その後は、マグロが冷凍保存されている

『八洲水産㈱飛島冷凍倉庫』へ行きました。

After lunch, we headed towards Yashima Suisan’s tuna storage freezer.

 

 

実際に、世界で最も寒いと言われるマグロの冷凍庫に僕たちも入らせていただきました。

They let us enter what they claim is the coldest tuna storage facility in the world!

 

 

その室温はなんと-70°!

In the freezer, it was a crazy -70°C!

 

-70°の冷凍庫に入った時は鼻毛が氷、手や足の感覚がなく

今までの人生で一番寒かったです。

Stepping inside, we could feel our nose hairs freezing up, and some of us lost sensation in out hands and feet. Needless to say, it was the coldest any of us had ever experienced in our lives.

 

自分達が想像してたマグロは1mくらいだと思っていましたが、

実は2m近くあってとてもビックリしました。

Looking at the tuna, we thought that they were usually about a meter long; in fact, they sometimes reached up to 2 meters in length!

 

そして実際にマグロを触らせてもらいました。

触ってびっくりしたのは、目の当たりに油っぽいものがあって

マグロのお腹らへんがザラザラしていました。

They even let us try and touch the tuna!

We were surprised to feel something oily near the eyes, and a bit of roughness near the stomach.

 

 

冷凍庫は3000tものマグロが冷凍してあり、全国で年間28万tも冷凍されていてるようでした。

そのうち26万t(90%以上)が静岡市のマグロ冷凍庫で保存されている

という話を聞き、静岡市の偉大さに感動しました。

The freezer holds about 3000 tons of tuna at once; for comparison, every year in Japan the total is about 28 000 tons of frozen tuna.

26 000 tons of that (over 90%) apparently comes from Shizuoka city’s freezers such as the one we entered. We were very impressed with Shizuoka.

 

 

〜みかん 静岡の絶景と富士山とともに〜

Shizuoka’s scenery and Mount Fuji

『源平好伸(げんぺいよしのぶ)さんのみかん農園』では、

富士山が一望でき、最高の景色を楽しみながらみかん狩りを楽しむことができます。

At Genpei Yoshinobu’s mandarin plantation, you can partake in this activity all while enjoying a completely unobstructed view of Mount Fuji.

 

 

また、左側と右側とでみかんの種類が分かれており、

糖度や酸味などの違いによって分けられているそうです。

The types of mandarin on the left and right sides were also different. They varied in sugar content and sweetness.

 

みかんは小さければ小さいほど糖度も高く、

みかんの根っことは反対側の方にある真ん中の点々のようなものが

赤ければ赤いほど糖度も高いそうです。

We learned that usually the smaller the mandarin the sweeter, and that a redder bottom also indicates a sweet mandarin.

 

贈り物ではなぜか小さなみかんより、大きなみかんを贈ってもらえる方が喜んでもらえるそうです。

Yet as a gift, for some reason people seem to prefer larger mandarins.

 

実際に農園の左側と右側のみかんを食べ比べしてみると、見た目では僕ら一般人からすると差は分からないのですが、みかんの甘さだったり酸っぱさが違うというのは分かりました。

As normal people, we might not have been able to appreciate the full extent of the differences between the mandarins on the right and left, but we understood basic variations in taste and sweetness.

 

さらに、みかんにはβ-クリプトキサンチンという栄養素が含まれているそうで、

糖度が高いみかんほど多く含んでいるそうです。

Moreover, we learned that mandarins contain the nutrient β-cryptoxanthin; the sweeter the mandarin the more β-cryptoxanthin.

 

つまり、小さなみかんほど多く含んでいるということになります。

Therefore, smaller mandarins tend to contain more β-cryptoxanthin.

 

この栄養素は主にオレンジや柿といった果物に多く含まれているそうです。

β-クリプトキサンチンの血中濃度が高いと、飲酒や喫煙による酸化ストレス

骨粗しょう症や動脈硬化などといわれる生活習慣病のリスクが低くなるといわれています。

また、ヨーグルトと一緒に摂取すると相性が良いそうです。

Mandarins, other oranges, and persimmons tend to have a lot of β-cryptoxanthin in them.

Apparently, β-cryptoxanthin helps reduce the risk of disease from drinking alcohol, smoking, osteoporosis, arteriosclerosis, and more!

We were also told that mandarins go well paired together with yogurt.

 

どのみかんもみずみずしくてとても美味しかったです。

みなさんも源平好伸さんのみかん農園で静岡の景色や富士山を見ながら、

みかんを食べてリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

Every mandarin we ate burst with flavor and was really good. We really recommend stopping by Genpei Yoshinobu’s mandarin plantation to enjoy eating mandarins while appreciating a magnificent view!

 

今回お世話になった静岡市の皆様

本当にありがとうございまいました。

We would like to thank everyone from Shizuoka city that helped make this possible.

 

有東木(うつろぎ)

WASABI /UTSUROGI

http://www.city.shizuoka.jp/000_004476.html

大野木荘(おおのきそう)

WASABI PASTA/ ŌNOKISOU

https://o-nogi.jp

小柳津清一商店(おやいづせいいちしょうてん)

TEA FACTORY

http://www.oyaizu.co.jp

清水漁業協同組合(しみずぎょぎょうくみあい)

SHIMIZU GYOGYOU KUMIAI

http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-420/guide/gmochimune.html

魚市場食堂(うおいちばしょくどう)

MAGURO/LUNCH

http://kashinoichi.com/maguro02_content/page05/

八洲水産㈱飛島冷凍倉庫(やしますいさん/とびしまれいとうこ)

MAGURO/FREEZER

https://www.yashima-suisan.co.jp

源平農園

MIKAN / GENPEI Plantation